このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクに名前を書く

海外に旅行に行くとき、海外旅行保険をかけるかけかないか考えます。
また、かけることにしたと、どのプランにするか考えます。
その保険の特典の一つに、自分のバック、トランクなど自分の荷物に保険をかけるかどうかというものがあります。
自分の持ちモノが盗まれたり、傷ついて損傷したりした時のための保険です。
その保険をかけることにした場合は問題ありませんが、もちろん高額になります。
それで、保険をかけないことにする人もいるかもしれません。
そんな場合なトランクに自分の名前、国籍、連絡先を書いたプラグを張り付けておくことをお勧めします。
実際にあった話ですが、空港で荷物を預けて飛行機に詰め込む際に、ベルトコンベアに載せて、移動していきます。
その時のタイミングでたまたまベルトコンベアから荷物が落ちてしまうということがあります。
実際に空港で移動中に、ベルトコンベアから転がり落ちてしまったトランクをたまたま見かけた友人がいます。
「こうやって荷物は行方不明になっていくのね」と語っていました。
けれども、盗まれたのでない限り、この様なちょっとした事故の場合、トランクがちゃんと帰ってくる可能性もあります。
その為には連絡先をきちんと書いておくことが大切です。
もちろん預け入れ荷物の時に預け入れ番号を渡されますので、その番号を航空会社に提出するという方法もあります。
けれども、きちんと連絡先を記入することによって、間違えられる危険も減りますし、自分の身の守りになります。
ちょっとした事ですがこのような準備のもと、海外旅行の旅を楽しんでください。